看取り | 北九州八幡西区住宅型有料老人ホーム あやのいえ

あやのいえ デイサービス・ケアプランナー・ヘルパーステーション

メールフォーム

お問い合わせ・入所申込

看取り

看取り介護について

近い将来に死に至ることが予想される方に対して、その身体的・精神的苦痛をできるだけ緩和してそれまでの期間をその方なりに充実して納得して生き抜くことができるように日々の暮らしをサポートしております。

入居者様の気持ちを十分配慮しながら終末期の介護について心をこめてこれを行なうことが、第一だと考えております。

看取り介護

看取り介護において

看取り介護においては、どのように受け止めるかという個々の価値観があり、看取る立場にある家族の思いも交錯することが普通の状態として考えられます。

当ホームでの看取り介護は、長年過ごした場所で親しい人々に見守られながら自然な死を迎えられることであり、入居者または家族に対し以下の確認を事前に行い理解を得ます。

  • 1当ホームにおける医療体制の理解
      (協力医療機関とも連携し必要時は24時間の連絡体制を確保して必要に応じ健康上の管理等に
       対応すること、夜間は緊急時の連絡により駆けつける体制であること)
  • 2病状の変化等に伴う緊急時の対応については看護スタッフがかかりつけ医師との連絡を
       とり判断をすること。夜間においては夜間勤務職員が夜間緊急連絡体制にもとづき
       看護スタッフと連絡をとって緊急対応を行うこと。
  • 3家族との24時間の連絡体制を確保していること
  • 4看取りの介護に対する家族の同意を得ること

看取り介護の支援内容

①入居者に対する具体的支援

1.ボディケア
●バイタルサインの確認 ●環境の整備を行う ●安寧・安楽への配慮 ●清潔への配慮
●栄養と水分補給を適切に行う ●排泄ケアを適切に行う ●発熱・疼痛への配慮
2.メンタルケア
●身体的苦痛の緩和 ●コミュニケーションを重視する ●プライバシーへの配慮を行う
●全てを受容してニーズに沿う態度で接する
3.看護処置
●医師の指示に基づき必要な点滴や酸素吸入等の看護処置を看護スタッフによって行う。

②家族に対する支援

●話しやすい環境を作る ●家族関係の支援にも配慮する ●希望や心配事に真摯に対応する
●家族の身体的・精神的負担の軽減へ配慮する ●死後の援助を行う

医療機関との連携

病院での最期ではなく住み慣れた第二の我家「あやのいえ」で最期をむかえていただくことを実現できるように、地元医師と連携をとりながら介護をさせて頂いております。

夜間、休日であっても、24時間の連絡体制を確保して必要に応じ健康上の管理等に対応することができる体制をとっております。

連携医療機関はこちら

  • 笑顔
  • 食事
  • 口腔ケア
  • 看取り

お問い合わせはお気軽に

メールフォーム